気持ちいいから我慢できない女性たち


私の考え方が古臭いといわれればそれまでなのですが、私には正直、出会い系サイトを利用してセフレを募集している女性たちの数が増えたという事態が、あまり理解できません。例えば欲求不満を抱えた人妻などが出会い系サイトを利用してセフレを募集しているというのならまだわかります。そういう欲求不満の人妻であれば、私がまだ二十代の頃、出会い系サイトというものが有名になり始めたころからいました。

私が若いころは、まだ出会いアプリなんてものは無かったんですよ。そもそもスマートフォンというものがなかったですから、アプリという言葉さえなかったんですよ。今ではパソコン上で動かすプログラムでさえ、普通に「アプリ」といったりするようですね。

それはさておき、さっき例に挙げた欲求不満の人妻だけではなく、最近では若い女性までが出会いアプリを利用し、けっこう何の抵抗もなくセフレを募集しているというのです。しかも、そう言う感じでセフレを募集している若い女性は、まだ未婚であるという場合も多いんです。未婚であるなら、遊び相手としてセフレを募集するよりは、必死になって婚活しそうなものだというのが私の個人的な考えなのですが、今の若い女性たちは、全員がそうではないにしても、あまり婚活というものに熱心でない人が多いのです。

もちろん、出会い系サイトや出会いアプリを利用して婚活をしている人は男女ともにいるのですが、私がこれまでそういったアプリなどを利用していろいろな人と出会ってきた印象では、出会い系サイトや出会いアプリの利用者の中に、婚活に躍起になっている女性はあまりいないのではないかというのが率直な印象です。アプリの利用者に言わせれば、もしも本気で結婚というものを考えるのであれば、普通の出会いアプリではなく、もっと自分が望むような婚活ができる手段を選ぶというのです。

この言い方には少し語弊があって、もちろん出会いアプリの中にも婚活に適したものがあって、そういうアプリを利用して婚活をするのはありだと思います。ただ、繰り返しになりますが、婚カツというもの自体にそれほど熱心でない女性が増えたのも事実ですね。その背景にあるのはやはり、恋愛観そのものの変化です。結婚をすることで本当に幸せになれるのか、その部分に疑問を感じる人が男女ともに増えたことは間違いがなさそうです。

もともと、経済力が比較的強いとされる男性の立場から見れば、結婚をすることで本当に自分が幸せになれるのか、適当に好きな人と付き合いながら(セフレとの関係を持ちながら)稼いだ金を自分のために仕える生活のほうが幸せなのではないか、と考える人が多いのですが、最近では女性の間でも、誰かの価値観に合わせるような生活をするよりも、自分一人で好きに生きていったほうが幸せなのではないかと考える人が増えたのです。

やっぱり、こういった恋愛観の変化の背景には、女性の経済力が昔よりも高まったことが理由としてあげられると思います。
昔は「いずれは訪れる幸せのため!」といっていろいろなことを我慢してきた女性たち(具体的には、自分の処女を守ることを重要視してきたわけ)ですが、最近では、そこまでやせ我慢をしたところで自分にとって大したメリットがないということで、もっと気楽にセフレとの関係を持った方が幸せなのではないかと考え、自分の性欲に正直な生き方をする女性が増えたようです。

人気どころをまとめた総合サイト紹介【サクラなし出会系サイト】